冨井ピアノ工房(神奈川県川崎市)・消音ユニットについて

中古ピアノ販売・調律・修理・塗装・運送

冨井ピアノ工房
調律・修理 塗装・クリーニング ピアノ運送 消音ユニットアクセサリー

消音ユニットご案内

各種消音ユニット 取り付けの様子はこちら
 

ヤマハ消音ユニット (メーカー純正)

比較的新しいヤマハピアノには大体取付可能です。
(ヤマハ以外のメーカーには取り付けできません)
ヤマハユニットは3本ペダルの中央のペダル(マフラーペダル)を踏むと消音状態になります。 ヤマハ・カワイなどピアノメーカーから出ているユニットは「本来メーカーの工場で取り付けるユニットを一般向けに販売している」と言う感じで、取付・調整は複雑です(個人的イメージですが)。アフターケアはしっかりしております。

ユニット本体価格 ¥150.000<税別>
取付費用 ¥40.000<税別>
合計 ¥190.000(税別)


(エントリーモデル)


ヤマハピアノにお勧めします!

コルグ消音ユニット     コルグホームページ




KHP-300は、ご自宅のアップライト・ピアノに
取り付けるだけで、いつでもアコースティック・ピアノの
音を消音して、ヘッドホンからのデジタル・ピアノのサウンドで
演奏できる消音ピアノ・ユニットです。
ピアノの外観を損なわない小型でシンプルな
コントロール部は簡単に操作でき、
高品位なグランド・ピアノ・サウンドを楽しむことができます。
コルグの新技術による完全非接触センサーで
ピアノのタッチはそのまま、ご家族がテレビを見ている
時間でも、夜間でもお好きなだけレッスンが可能です。


ヤマハ製ピアノと相性の良いユニットです。
お客様のお宅に出張取り付けいたします。

7月よりコルグKHP300 ¥65.000(税別)

(下記は旧価格)
ユニットメーカー希望価格(KHP300)
本体+取付費
ヤマハピアノ
¥80.000(税別)
¥86.400(税込)
カワイピアノ ・他社 ¥80.000(税別)~

KHP300の上級モデル
KHP‐2000 (本体¥129.600)
本体+取付費 ¥140.000(税別)







カワイピアノにお勧めします!

ジェニオ Classicα   電子カタログ

GENIO 韓国製のユニットで高性能です。

コルグ同様 生ピアノ⇔消音演奏が
ワンタッチで切り替え出来ます。

マイナーチェンジして音質も一段と良くなりました。
新型の非接点超薄型キーセンサーは
カワイピアノなど鍵盤下スペースが取れないピアノでも
特別な工事なしで取り付け可能の優れものです。
ヤマハ・カワイ以外でも取り付け可能です。

左の画像のように、無接点薄型キーセンサー採用で
カワイ製ピアノと相性の良いユニットです。
お客様のお宅に出張取り付けいたします。

ユニット: メーカー希望小売価格¥129.600
本体+取付費  ¥100.000~(税別)






グランドピアノとサイレント

消音機能付きのグランドピアノは大きく分けて、工場にて製造時にサイレント機能を先付のピアノ(例えばヤマハC3-SN)とお手持のグランドピアノに後から消音機能を後付けするタイプの2種類に分かれます。

ご存知の方も多いかもしれませんが、グランドピアノに関しては
消音機能を取り付けることにより、グランド本来の機能を低下させる場合がありますのでご注意ください。
(アップライトピアノでは問題ありません)
唯一ヤマハC3-SN等、サイレント専用に製造されたピアノだけがグランドの機能を損ねずにご使用いただけます。

ユニット:コルグKHP5000
メーカー希望小売価格¥280.000(税別)
カワイ・ヤマハピアノ取り付け可
本体(取り付け費別途) ¥280.000税別)
(取り付け費別途)

ユニット:マジックスターMS-GP
メーカー希望小売価格¥300.000(税別)
各社ピアノ対応取り付け費サービス
本体+取付費 ¥300.000(税別)

【消音ユニット取付作業】

後付け消音ユニットはカワイ・ヤマハのほとんどのピアノに取り付け可能です。取付時間は2.5時間~5時間位で取付可能です。レバー1本で簡単に消音/生ピアノに切り替えできます。 当店にてピアノお買い上げと同時にお取付けの際は、特別価格にてお取付けいたします。

写真は、コルグの音源部の画像です。
後付けユニットは万一故障の際、
部分的に取り外してメーカー修理に
出せる所が  メリットです。

コードが複雑に走っていますね! 
参考までに、カワイのエニタイム
の画像です。
カワイエニタイムの最大の特徴は
鍵盤(ハンマー)のセンサーが
バックチェックに付いている事です。
そのため構造が複雑で
調整はやや困難です。
GT-2の音源部の内部です。
洗練された回路構成でテクニクスに
似ていますね。
完成度が高く、
故障も少ないようです。

現在はClssicα
 ユニットの鍵盤スイッチの取り付けをしているところです。
SWの取り付け位置は非常に微妙で
発音に大きく関係してきます。
当店はユニット取付200台以上の経験があります。 ご安心してご注文ください。

画像はテクニクス製
消音演奏時、ペダルセンサーが作動して通常通りペダルもご使用いただけます。
難工事の例
メーカーは公表しませんが、
手作りで有名な現存しない
メーカーです。

お客様にとっては思い出の品・・・
頑張って工事しましょう!
内部機構(アクション)に取り付ける
消音の為のバーがうまく動かなく
他の部品と干渉してしまいます。

アクションブラケットを削り取るしか
方法がありません。
取り外して鉄工所で削ります。
超面倒な作業になります。
コネクターコードも下のパネルを
お客様の了承をいただき
切り取ります。

ここでは書ききれませんが、
更に面倒な加工も必要でした。
カワイ・ヤマハの新しいピアノでは
こういった作業は殆ど
ありませんので、ご安心ください。
上へ
特定商取引法に基づく会社表示 | サイトマップ | 個人情報保護の方針と免責 | ©2003 TOMII PIANO KOBO