冨井ピアノ工房




カワイグランドピアノオーバーホール2

前回はハンマーアッセンブリ交換などをしました。
今回は張弦等をしました。


修理前の状態です




音大生のオーナー様
最近弦切れが目立ちます。



ピアノをお預かりして修理開始



ダンパーを外し、ワイヤーを取り除き


フレームを外し、共鳴板のひび割れを
埋め木します。
その後ニスの塗り直し。
ニスは大切で
音色に関係します。
ピン板はひび割れもなく
健全な状態です。


張弦完了 ピンも新品交換




ダンパーを下から見ています。
ダンパー調整も根気のいる作業です



フレーム塗装の仕上りをご覧ください












響板割れも埋め木で
殆ど見ても判らない位の仕上りです。


今回はハンマーアッセンブリ交換(レンナー製)に続き、
ワイヤー全交換をご依頼いただきました。
これでしばらくの間、弦切れも無く弾いていただけます。
低音バスワイヤーも伸びやかな音色が復活し新品同様です。
やや古いピアノですが、共鳴板の木材が素晴らしく今では手に入らない逸品です。

ご依頼ありがとうございました。
R2年作業分












ヤマハU1の修理と改造

今回は60年前のピアノでしばらくメンテナンスしていない状態のピアノです。
ご新居のピアノ置場が高さの取れない構造となっており
何とかピアノの全高を低くしてほしいと言うご依頼です。



フレンジコード



紐の張替



鍵盤にカビが生えています。




今回は鍵盤の張替はせず
漂白してみました。



車輪を取り外しました。



屋根も取り外しました。



やや古いピアノで各部剥がれが多いです。



全体塗装はせず、部分補修します。



コルグKHP2500取り付け



剥がれを補修しています。



仕上りをご覧ください。



屋根の無いピアノ


今回はサイレントが必須との事で、ご予算の都合もあり
内部修理は最小限とさせていただきました。
置き場所も高さの制約があり、かなり裏ワザ的なご対応をさせていただきました。
特殊なご事情にも対応させていただきますので
ご相談お待ちしております。

ご依頼ありがとうございました。

R2年5月 作業分











修理の様子をご覧ください R2年版


カワイBL61修理


内部のクリーニング中です。
思いのほか錆があり、ネジ類の着脱は
注意が必要です。(ネジ折れ注意)



虫食いのフェルトを新しいものに交換
と共に、金属部分の錆取り磨きをしました。
時間のかかる作業です。



フロント部分もフエルトを新品交換
並びに磨きます。タッチがスムーズになります。



鍵盤の高さと深さを合わせて、
アフタータッチを揃えていきます。



アクションの動きが全体に悪く
音の出にくい個所が相当数ありましたので
カラクリ全体緩めておきました。



ペダルの仕上りご覧ください。





鍵盤蓋は傷がつきやすい部位です。
今回は部分補修のみいたしました。



クリーニングの仕上りをご覧ください。
当初表面にカビ汚れが見られましたが
綺麗になっています。

20年程調律されていない状態でお預かりしました。
ビス類は錆が進んでいる様子でした。(要注意!)
フェルトも虫食いがすすんでおりましたので交換いたしました。
音の出にくい鍵盤が多くみられましたが、アクションのスティックが原因です。
とりあえず緩めておきました。(後日ご説明しますね)

ご依頼ありがとうございました。
R2年3月作業分







ヤマハU3M オーバーホール



ハンマーヘッドの交換
(取り外す作業から始めます)



ハンマーヘッドはオーダー品
音色に非常に影響します


鉄骨も塗装しました


ピアノ線の張替作業中


ピアノ線が張り終わった状態


共鳴板も再塗装



ハンマーヘッド交換終了
ピアノ線とハンマーの位置調整



チューニングピン交換済み




クリーニング作業の仕上りを
ご覧ください。




今回は塗装の塗り替え以外はほぼフルオーバーホール作業です。
ピアノ線も数十年交換なしでご使用いただけます。
ハンマーを新品交換して力強い音色になりました。
ピアノ線も新しく張り替えて、伸びやかな音色が復活しました。
ここまでメンテナンスすれば新品以上の満足度ですね。

2020年2月作業 横浜市N様
ありがとうございました。








お気軽にお問い合わせ下さい!
電話番号
044(533)0747
e-mail
piano-koubou@k7.dion.ne.jp
戻る